会則


Contents Menu

胸部放射線研究会 会則

名称及び事務局

第1条 本会は胸部放射線研究会と称し日本医学放射線学会の下部組織の一つとする。
第2条 事務局は代表幹事が所属する施設内におく。
大阪大学大学院医学系研究科 放射線統合医学講座 放射線医学
〒565-0871 吹田市山田丘2-2
TEL:06-6879-3430

目 的

第3条 本会は胸部の放射線診断並びに診断技術を応用した治療などに関する学術の進歩と知識の普及をはかることを目的とする。

事 業

第4条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 学術集会および学術講演会等の開催。
2. その他本会の目的を達成するために必要な事業。

会員及び役員

第5条 本会の会員は本会の目的に賛同する放射線科医師または放射線医学研究者とする。
第6条 本会に世話人を置く。また役員は世話人の中から選出し、常任幹事、幹事、監事にて構成する。
・常任幹事 12名(うち代表幹事1名、副代表幹事2名)
・幹事   若干名
・監事   1名
第7条 世話人は、世話人会の推薦で会員より選任する。常任幹事は、幹事会の推薦で世話人より選任し世話人会の承認を受ける。
第8条 代表幹事は常任幹事の互選で選出し、副代表幹事2名は代表幹事の指名とする。
代表幹事の任期は3年とし、再任は1回のみ可とする。
第9条 常任幹事の任期は12年とし、3年ごとに3人の常任幹事の改選を行う。常任幹事の改選は、幹事会の議により行い世話人会の承認を得る。
第10条 常任幹事は退任後、幹事に就任する。
第11条 監事は、幹事会の推薦により定める。監事の任期は3年とし、再任は1回のみ可とする。
第12条 顧問は世話人退任後、世話人会の承認により就任する。
第13条
  • 1. 会員(顧問を除く)は、年会費を納入するものとする。
  • 2. 本会の会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

研究会、セミナー

第14条 研究会例会は放射線学会秋季臨床大会中に開催することとし、代表幹事が秋季大会長と協議し、日時を決定する。
研究会例会の企画構成は当番世話人が担当し、当番世話人は世話人会で決定する。
第15条 毎夏、池添メモリアル胸部画像診断セミナーを開催する。池添メモリアル胸部画像診断セミナーの企画構成は当番世話人が担当し、当番世話人は世話人会で決定する。

世話人会および幹事会

第16条
  • 1. 世話人会および幹事会は代表幹事が召集し議長となる。通常会議とともに、メーリングリストによる会議ならびに議決も認める。
  • 2. 世話人会は世話人をもって構成する。幹事会は常任幹事および幹事をもって構成するが、幹事は幹事会の議決権をもたない。世話人会および幹事会の議決案件は定数の過半数をもって行う。定期世話人会は年2回(日本医学放射線学会総会中・日本医学放射線学会秋季大会中)開催する。

顕 彰

第17条 胸部放射線研究会に貢献された会員に対して、幹事会、世話人会の承認を得て、名誉会長、あるいは名誉会員の称号を授与する。

胸部放射線研究会 施行細則

年会費

第1条 本会会員の年会費は10,000円とする。

池添メモリアル胸部画像診断セミナー

第2条 当会員は非会員より1か月早く先行予約を可能とする。
附則事項
昭和 62年 10月 24日  会則施行
平成 15年 4月 1日  会則改定施行
平成 21年 10月 30日  会則再改訂施行
平成 23年 10月 21日  会則再改訂施行
平成 23年 11月 15日  会則再改訂施行
平成 24年 9月 24日  会則再改訂施行
平成 28年 9月 1日  会則再改訂施行
平成 29年 4月 3日  会則再改訂施行

Page Top