日本うつ病学会 Japanese Society of Mood Disorders
HOME > 総会記録
日本うつ病学会総会記録
第1回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 野村 総一郎(防衛医科大学校 精神科学講座)
テーマ うつ病 -治す力と支える力-
会期 2004年7月2日(金)・3日(土)
会場 東京商工会議所ビル
プログラム プログラム
一般演題発表数 37
参加者数 729名
市民公開講座
テーマ 家族がうつ病になった時 -どう接したらいいのか
会期 7月3日(土)16:00~18:00
会場 東京商工会議所ビル(4階東商ホール)
参加者数 570名

▲ TOP
 
第2回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 坪井 康次(東邦大学心療内科)
テーマ 『良く“うつ”を制す -よりよい治療ネットワークを めざして-』
会期 2005年7月14日(木)・15日(金)
会場 品川区立総合区民会館「きゅりあん」
プログラム プログラム
一般演題発表数 41
参加者数 666名
市民公開講座
テーマ 『職場のネットワーク・サポート』
-デプレッシブ・スパイラルに陥らせないために-
会期 7月14日(木)17:15~19:15
会場 きゅりあん(8階大ホール)
参加者数 約500名

▲ TOP
 
第3回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 樋口 輝彦(国立精神・神経センター武蔵病院)
テーマ うつ病を知る・いやす・支える -求められる多職種の関与-
会期 2006年7月27日(木)・28日(金)
会場 京王プラザホテル
プログラム プログラム
一般演題発表数 43
参加者数 741名
市民公開講座
テーマ うつ病の治療法を考える -当事者、家族が求めるもの-
会期 7月28日(金)18:00~20:00
会場 京王プラザホテル(南館5階エミネンスホール)
参加者数 597名

▲ TOP
 
第4回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 坂野 雄二(北海道医療大学心理科学部)
テーマ 地域・家族で取り組むうつ病の予防
会期 2007年6月29日(金)・30日(土)
会場 札幌コンベンションセンター
プログラム プログラム
一般演題発表数 56(ポスターのみ)
参加者数 767名
市民公開講座
テーマ 地域でのうつ病への取り組み、サポート
会期 7月1日(日)13:00~15:00
会場 道新ホール
参加者数 479名

▲ TOP
 
第5回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 神庭 重信(九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野)
テーマ 現代のうつ病-病理の多様性、予防・治療の多様性-
会期 2008年7月25日(金)・26日(土)
会場 アクロス福岡
プログラム プログラム
一般演題発表数 75(ポスターのみ)
参加者数 905名
市民公開講座
テーマ うつ病からの回復を目指して
会期 7月26日(土)18:15~20:15 
会場 アクロス福岡イベントホール
参加者数 280名

▲ TOP
 
第6回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 久保木 富房(東京大学心療内科名誉教授/医療法人秀峰会 楽山病院 名誉院長)
テーマ 「軽症うつ病-多様なうつ病からの社会復帰-」
会期 2009年7月31日(金)・8月1日(土)
会場 品川プリンスホテル アネックスタワープリンスホール
プログラム プログラム
一般演題発表数 79(ポスターのみ)
参加者数 1,422名
市民公開講座
テーマ うつ病の理解と対応
会期 8月1日(土)18:00~20:00
会場 品川プリンスホテル アネックスタワープリンスホール
参加者数 405名

▲ TOP
 
第7回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 長谷川 雅美(金沢大学医薬保健研究域保健学系)
テーマ 「ライフサイクルにおけるうつ病」
会期 2010年6月11日(金)・12日(土) 
会場 石川県立音楽堂
プログラム プログラム
一般演題発表数 82(ポスターのみ)
参加者数 922名
市民公開講座
テーマ うつと向き合う-生きる・支える・受けとめる-
会期 6月12日(土)17:30~19:30
会場 石川県立音楽堂
参加者数 279名

▲ TOP
 
第8回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 白川 治(近畿大学医学部精神神経科学教室)
テーマ 「現代うつ病の輪郭-いま求められる対応-」
会期 2011年7月1日(金)・2日(土) 
会場 大阪国際交流センター
プログラム プログラム
一般演題発表数 109(ポスターのみ)
参加者数 1201名
市民公開講座
テーマ うつ病からの回復-家族のありかたと家族支援ー
会期 7月2日(土)17:30~19:30
会場 大阪国際交流センター
参加者数 181名

▲ TOP
 
第9回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 石郷岡 純(東京女子医科大学医学部精神医学教室)
テーマ 「今こそ問う、うつ病のパースペクティブ」
会期 2012年7月27日(金)・28日(土)
会場 京王プラザホテル
プログラム プログラム
一般演題発表数 89(ポスターのみ)
参加者数 1363名
市民公開講座
テーマ うつ病者のこころの世界
会期 7月28日(土)17:30~19:30
会場 京王プラザホテル
参加者数 245名

▲ TOP
 
第10回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 中村 純(産業医科大学医学部精神医学教室)
テーマ 「多様化するうつ病の今とこれから」
会期 2013年7月19日(金)・20日(土)
会場 北九州国際会議場
プログラム プログラム
一般演題発表数 84(ポスターのみ)
参加者数 1203名
市民公開講座
テーマ うつ病と向き合う-うつ病者への支援と接し方-
会期 7月20日(土)17:00~19:00
会場 北九州国際会議場
参加者数 326名

▲ TOP
 
第11回 日本うつ病学会総会
会長名(所属) 山脇 成人(広島大学大学院医歯薬保健学研究院精神神経医科学)
テーマ 「うつ病治療の再考~脳科学からメンタルヘルスまで~」
会期 2014年7月18日(金)~19日(土)
会場 広島国際会議場
プログラム プログラム
一般演題発表数 100(ポスターのみ)
参加者数 1172名
市民公開講座
テーマ うつ病の起源から未来医療へ
会期 7月19日(土)15:00~18:00
会場 広島国際会議場フェニックスホール
参加者数 460名

▲ TOP
 
第12回日本うつ病学会総会・第15回日本認知療法学会(同時開催)
会長名(所属) 大野 裕(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
一般社団法人認知行動療法研修開発センター)
テーマ 「うつ病とこころの健康環境」
会期 2015年7月17日(金)~19日(日)
会場 京王プラザホテル
プログラム プログラム
一般演題発表数 63(ポスターのみ)
参加者数 1401名
市民公開講座
テーマ うつ病の理解と対応 ―地域とのかかわり―
会期 7月18日(土)14:00~16:00
会場 京王プラザホテル
参加者数 333名

▲ TOP
 
第13日本うつ病学会総会
会長名(所属) 尾崎 紀夫(名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野)
テーマ うつ病・双極性障害を診る・支える・知る
会期 2016年8月5日(金)~6日(土)
会場 ウインクあいち
プログラム プログラム
一般演題発表数 80(ポスターのみ)
参加者数 909名
市民公開講座
テーマ うつ病~「こころ」と「からだ」の関わりを知る~
会期 8月6日(土)14:20~16:20
会場 ウインクあいち
参加者数 280名

▲ TOP
 
第14回日本うつ病学会総会・第17回日本認知療法・認知行動療法学会
(同時開催)
会長名(所属) 三村 將(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)
テーマ サイエンスとアートの新たな融合
会期 2017年7月21日(金)~23日(日)
会場 京王プラザホテル(7月21日・22日) NSスカイカンファレンス(7月23日)
プログラム プログラム
一般演題発表数 70 (ポスターのみ)
参加者数 1474名
市民公開講座
テーマ うつ病の理解~“こころ”と“からだ”の症状を知る~
会期 7月22日(土)14:40~16:40
会場 京王プラザホテル
参加者数 250名

▲ TOP
 
第15回日本うつ病学会総会
会長名(所属) 井上 猛(東京医科大学精神医学分野)
会期 2018年7月27日(金)~28日(土) 予定

▲ TOP
 
第16回日本うつ病学会総会
会長名(所属) 大森 哲郎(徳島大学大学院医歯薬学研究部精神医学分野)
会期 2019年7月5日(金)~6日(土) 予定

▲ TOP
 
個人情報保護法に対する方針 Copyright © 2006 Japanese Society of Mood Disorders